RECRUIT

採用情報

社員インタビュー

  1. Colleagues 01

    板垣卓志 TAKASHI ITAGAKI

    2008年入社

    板垣卓志
    • 身体よりも「頭を使う」仕事

      私たちの仕事は工事全体の計画から現場の管理がメインです。施工図、工事の行程計画、建築工法の選定、現場の安全確保、書類作成、協力会社様への依頼と統括、予算管理など幅広い仕事を担当します。いわゆる現場監督という仕事です。ほとんど現場に出ず、会議やデスクワークがほとんどということもあります。意外と、身体よりも「頭を使う」仕事だと思いますよ。設計、施工から完成、そしてお客様への引き渡しという建築の全てに携わりますし、当社は公共工事から個人の住宅まで様々なお客様と仕事をするので、沢山の種類の建物に挑戦しながら多くのことを学ぶことができると思います。

    • お客様の喜びを直に感じることができる

      どんな建物でも使う方々のことを第一に考えることが最も大切です。その為に、お客様や協力会社様とはイメージの共有から日々の打合せ、必要な時にはこちらから意見を提案する等、細かくコミュニケーションを取る必要があります。皆さんが想像している以上にほんとうに多くの人と仕事をするので、各々の工事進捗を管理しながら現場をスムーズに進行させるのは非常に大変です。その分建物が完成した時の満足感、自分の図面がしっかりと形になっていく達成感はすごく大きいです。また、お客様の喜びを直に感じることができることもこの仕事の醍醐味ですね。

      板垣卓志
  2. Colleagues 02

    山内康生 KOUSEI YAMAUCHI

    2012年入社

    • 丁寧に育ててくれる環境で着実に成長ができる

      家族が建築系の仕事をしている影響で、自分も建物を建てる仕事がしたいと子供のころから思っていました。むつみ建設を選んだのは専門学校の先生の勧めがあったのと、市役所や工場など秋田の中でも重要な建物を手掛けていて企業としての安心感があったからです。入社してからは想像以上に大変でした。建築知識の学習はもちろんですが、書類作成や各協力会社様の調整など、技術以外の「現場を円滑に進めるスキル」を身に付けることが特に難しかったです。人をまとめるなんて学生のときは意識もしてこなかったですから。好きな仕事ですが、正直楽しいことってほぼなかった気がします(笑)。ただ、会社がじっくり丁寧に育ててくれたので着実に成長することはできたと思います。最近ようやく自分メインで現場を任せてもらえるようになり一人前のスタート地点に立つことができたので、会社に育ててもらった分をしっかり返しつつ、今後は楽しみを感じながら仕事もできるんじゃないかなと思っています。

    • 山内康生

      スタートは建築用語を覚えるところから

      最初は基本の建築用語を覚えるところからスタートしました。高校で建築は学んでいましたが仕事で使いこなせるレベルではなく…。入社してから5年程は先輩の下について、建築知識から書類作成、見積の方法など、何も知らない自分に対して一つ一つじっくり教えていただきました。会社の皆さんとても面倒見が良くて、自分の場合時間はかかりましたが、成長を実感しながら仕事をすることができました。個人的の意見ですが、入社以前に建築を学んでいる利点は、用語や図面などの専門知識への抵抗感が無いくらいで、建築への興味さえあれば未経験でも成長していける環境だと思います。

  3. Colleagues 03

    神田祐輔 YUSUKE KANDA

    2008年入社

    神田祐輔
    • 各分野のスペシャリストと仕事をする楽しさ

      私は現場で汚れながらやる業務が結構多いです。現場では、職人さんと頻繁にコミュニケーションを取りますし、自分で手を動かして作業することもあるので、管理とはまた違った楽しさがあります。建築には様々な工程があり、一つ一つ専門技術を持った協力会社様に仕事を依頼するので、私たち現場監督は全てというのは難しいですが、ある程度幅広い知識を持っておかないと現場を円滑に進めることができません。ただ、人脈はとても広がりますし、それぞれ各分野のスペシャリストの方々なので会話していくと自然に知見が増えていきます。また、別の現場で再会することも多いので、年次を重ねていけばいくほど社外の方々との信頼関係も深まって、それがより良い建物造りに繋がっていきます。

    • 新しい技術に挑戦

      私たちは建築計画を考えるので、その過程で新しい技術に触れることは多々あります。設計者から試してみたいと相談されることもあれば、県外の大手素材メーカー様が紹介に来るときもありますし、自分で新しい工法の導入を考えることもあります。私はそういう新技術などの情報を得るのが好きなので、単純に楽しいですね。また、資格の取得も会社が全面的に支援してくれます。今、1級建築士の取得を目指していますが、勉強時間など会社が理解してくれる社風なのでとても助かります。もちろん資格手当もきちんとありますよ。

      神田祐輔

人財育成への取り組み

  • 技術研修

    高所作業車講習の開催など、定期的に専門知識を学べる勉強会を開催しています。また若手社員に対しては、経験豊富な先輩たちが普段の仕事の中でも親身にサポートします。

  • 資格取得支援

    資格取得のための費用は会社がバックアップします。合格すれば昇給・昇格に直結します。

    推奨する取得資格の例

    • 一級建築士
    • 二級建築士
    • 一級建築施工管理技士
    • 二種電気工事士
       
  • インターンシップ

    建設業に少しでも興味ある方々に向けて、毎年インターンシップを開催しています。

  • 研修旅行

    各社員がそれぞれテーマと目的を持って行き先を選びます。社員全員への日頃の感謝を込め、心身ともにしっかりリフレッシュしてください。

募集要項

募集職種-工事現場管理者
業務内容
工事現場及び関連業務に従事していただきます。
【具体的業務】
・建設工事の現場管理
・パソコンによる現場書類の作成
・積算業務
・CADによる設計業務
・他、建築に関わる業務全般
※自家用車(車両借上手当・ガソリン代別途支給)又は社用車を使用しますので、普通自動車運転免許は必須(AT限定可)
応募資格
新卒:高卒以上
中途:工事現場管理業務の経験
(一級建築士、二級建築士、ニ級建築施工管理技士のいずれかの資格をお持ちの方)
給与体系
基本給:180,000円〜320,000円
業務手当:10,000円〜35,000円
その他の手当
・役職手当:15,000円~50,000円
・資格手当:5,000円~
・子供手当:5,000円~
・車両借上の場合:10,000円~20,000円
昇給 年1回
賞与 年3回(前年度実績:計4ヶ月分)
休日休暇
日曜、祝日、第2・第4土曜日、その他(夏季・年末年始休暇)
年間休日数100日
年次有給休暇日数10日
福利厚生・社内制度
社会保険完備(健康保険、労災保険、厚生年金、雇用保険)
資格取得支援(受験料・講習料等の支援、合格した場合の昇給制度あり)
退職金制度
新人社員研修他、定期的な社内研修あり
勤務地
本社のみ
勤務時間
8:00~17:00(休憩60分)
採用フロー
応募 ⇒ 書類選考・面接 ⇒ 内々定
※まずは履歴書・職務経歴書を本社総務宛に郵送下さい
※面接は、リラックスした雰囲気の中、個別にお話を伺います